求められる知識と資質|独学でも宅建の資格は取れる|自分に合った勉強法を見つけよう

独学でも宅建の資格は取れる|自分に合った勉強法を見つけよう

勉強道具

求められる知識と資質

男性と女性

養成機関の種類

言語聴覚士は国家資格です。国家試験は誰でも受験できるわけではなく、文部科学大臣指定の養成機関か都道府県知事指定の養成所で所定の過程を履修し、卒業する必要があります。言語聴覚士の養成機関として指定を受けている学校は四年制大学、短大、専修学校があります。養成課程を持つ短大の多くは3年制ですが、探せば数は少ないですが2年制のところもあります。専修学校も多くは3年制となっています。養成機関で学ぶ内容は基礎医学、臨床歯学、音声学、言語学、心理学から社会福祉や教育について、また高次機能障害や言語発達障害についてなど多岐に渡りかつ高度な内容になります。学校によってカリキュラムの組み方は変わりますが、1年は講義がメイン、2年で実習が増え始め、3年では臨床実習がメインとなります。専修学校は夜間のコースもありますが、夜間コース在籍でも実習は通常昼間に行われます。

経験を積む大切さ

言語聴覚士の仕事は失語症や吃音、音声障害、聴覚障害、嚥下障害などの症状を抱えた人をサポートすることです。医師や看護師、理学療法士、介護福祉士などと連携して治療や症状の改善に取り組みます。そのため、優れた言語聴覚士になるには深い知識や高い技術力はもちろんのこと、コミュニケーションがとりづらい患者の症状を正確にくみとる観察力や想像力、正確に伝えたいことを伝えらえる表現力、細かな気づかい、包容力などが必要となってきます。基本的な知識や技術は学校である程度習得することができますが、現場で働き始め患者の立場になって考え治療に当たる経験を積んでこそ、言語聴覚士として必要な資質が身につき、磨かれていきます。