日本の未来を育てる仕事|独学でも宅建の資格は取れる|自分に合った勉強法を見つけよう

独学でも宅建の資格は取れる|自分に合った勉強法を見つけよう

勉強道具

日本の未来を育てる仕事

ウーマン

資格の取り方いろいろ

昔から女性にぴったりの仕事として人気のある保育士、近年では男性の志願者も増えて来ています。 保育士になるためには国などから指定されている養成校を卒業する方法と、国家試験に合格する方法との2種類があります。国家試験は受験資格のある方なら誰でも受けることができますが、合格率は10%程と、非常に難関です。ですから、確実に保育士を目指すのなら、やはり指定の学校に通う方法が一番でしょう。 学校にも大学、短大、専門学校と種類が分れており、それぞれに特徴があります。自分の状況に合ったタイプの学校はどれか、様々な角度から検討しましょう。 保育士は人の命を預かる大切な仕事です。それだけに責任も重いと言えますので、信頼のおける学校で、確かな知識と技術を身につけましょう。

通えない人の味方通信制

保育士になりたいけれど、様々な理由で学校へ通うことができない方におすすめの手段として、通信制の大学で保育士資格を取得する、という方法があります。保育士になるためには大学や短大、専門学校で2年から4年間の勉強をしなければなりません。学費等もかかりますし、他に仕事を持っている方には学校に通うことは難しい、という現実があります。しかし、通信制の大学でしたら学費も格安で、マイペースで勉強を進めることができるのです。ただし注意する点として、いくら通信制とは言え、保育士資格を取得するためにはスクーリングや実習は避けて通れない、ということがあります。スクーリングや実習に通えるかどうか、事前に確認しておきましょう。保育士は長く続けることができる、安定した仕事です。がんばって資格を取り、今後の人生に生かしていきましょう。