独学でも宅建の資格は取れる|自分に合った勉強法を見つけよう

笑顔の人

求められる知識と資質

男性と女性

言語聴覚士は現在25万人いるとされていますが、まだ不足しているのが実情です。病院やリハビリ施設での勤務が多いですが、老人保健施設や福祉施設、学校など需要がある職場は多岐にわたります。非常にやりがいがあり、またこれから需要が伸びていくと予想される仕事です。

日本の未来を育てる仕事

ウーマン

保育士になるためには国家試験を受験するという方法もありますが、合格は非常に難しいのが現状です。やはり、確実に保育士になるためには、指定の学校を卒業するのが一番です。学校に通うことが難しい方には、通信制の大学で学ぶという方法があります。ただし、スクーリングや実習がありますので、注意しましょう。

やり方次第で

住宅模型

効率良い勉強

宅地建物取引士は読んで字のごとく、宅地や建物の売買や交換などに活躍する不動産取引のエキスパートです。最近は権利関係の問題の難易度が上がっていて、従来の勉強方法ではなかなか受からなくなっています。合格者の多くが通信講座などを利用していますが、独学で受かるのも不可能ではありません。ただ、そのためにはコツも必要で、さらには効率良い勉強方法が求められます。実際に合格した人にアドバイスをもらうのも一つの手でしょう。しかし、身近に試験を受けた人がいないという方や合格者の知り合いがいないという方は、ネット上にある口コミを参考にするとよいです。口コミサイトでは、多くの人の体験談を閲覧することができ資格の勉強に関する情報が得られます。

短期合格を目指すなら

ちなみに不動産取引の実務をおこなっている人は、宅建資格試験の分野が免除されることがあるので知っておきましょう。もし独学で目指すなら、まずは実務をこなして免除を狙うのも良いかもしれません。さて、昔から宅建は過去問をこなしていくことが合格につながると言われてきました。たしかに現在もその傾向は強く、通信講座などでも過去問を繰り返すことを推奨しています。独学で短期合格を目指すなら、揃えるものは過去問集、専用のテキスト教材、そして民法に関しては別個に用意したほうが無難でしょう。宅建の民法は年々難易度が上がっており、もっとも勉強時間を割かねばならない分野になっているからです。まずは独学でがんばってみて、どうしてもダメなら通信講座などを試してみるのも良いでしょう。

仕事で上を目指すなら

男の人

マネジメントに関する資格として、多くの方におすすめしたいのがコーチングです。部下のいる方はもちろん、部下の立場の方にもおすすめです。ファシリテーションは、会議の円滑な進行などに役立ちますし、チームマネジメントを学ぶこともプラスになります。

Recommended

  • 独学で宅建資格を取得するガイド

    宅建を独学で勉強したいと考えているならサイトを拝見してみるといいでしょう。ここなら詳しい情報が掲載されています。